婚約指輪を知ろう【プロポーズの前にしっかりリサーチ!】

ウェディング

贈るタイミングや相場

ウェディング

これから恋人にプロポーズをしようと考えている男性もいるでしょう。プロポーズの際に贈るリングは婚約指輪です。別名をエンゲージリングとも呼び、多くはダイヤモンドなどの宝石がついた華やかなデザインのリングです。ダイヤモンドは永遠の愛の象徴ともされる宝石なので婚約指輪に選ぶ方が多く見られますが、真珠や恋人の誕生石を選択する男性も数多くいます。
婚約指輪を贈るタイミングはプロポーズをする時が一般的ですが、カップルによって様々タイミングがあります。プロポーズ後に2人で婚約指輪を購入したり、プロポーズの後に自分で購入して贈ったりと、人にとって婚約指輪を贈るタイミングは異なります。どのタイミングで贈ったら良いのか分からないという方は、結納や両家の顔合わせをする時期が挙式の半年前になるので、その場でお披露目できるように用意しておくと良いでしょう。
婚約指輪の相場は、かつては給料の3ヶ月分といわれていました。しかし今では20万円~40万円程度とされています。婚約から結婚に至るまで必要なリングは全部で3本です。決して安い買い物ではないので費用を計画的に考えておく必要があります。また、婚約指輪と結婚指輪が同じブランドなら、重ねづけをしても違和感がなくパートナーとの満足度が高まります。これから婚約指輪を購入しようと考えている男性は、費用や贈るタイミングなどを視野に入れておきましょう。購入する決断がなかなかできないという場合は、2人で話し合って楽しみながら購入するという手もあります。